ご挨拶・沿革

病院長からのご挨拶

病院長 福島 祐一

病院長 福島 祐一

当院は、「総合診療」「透析医療」「リハビリテーション医療」在宅医療」「健診医療」の5つを柱として地域に根ざした医療の提供を行っています。

医療が多様化している昨今、良い医療とはどんなものでしょうか。全ての方に同意頂ける答えは無いかと思いますが、医療を受ける側も提供する側も満足できる医療は良い医療と考えます。それを実現するためには、一方的な医療提供ではなく、医療者と患者さんとの共同作業で治療を行う必要があります。

医学は日々進歩しており癌、心筋梗塞、脳卒中などの治療成績は向上しています。しかし、後遺症のためのリハビリや再発防止の治療(二次予防)を継続する必要があります。心筋梗塞、脳卒中、腎不全の原因である高血圧、糖尿病、高脂血症などが増加していますが、これらの生活習慣病は良好な管理(一次予防)が継続できれば元気に生涯過ごせます。

当院では、患者さん・ご家族とのコミュニケーションを大切にして病気の予防と治療を行い、より良い医療の提供に努めます。また、高度先進医療が必要な場合は、埼玉医科大学病院など適切な医療機関と連携して治療にあたり、地域のかかりつけ病院としての役割を果たしたいと考えています。

わが国の医療をとりまく環境は厳しいものとなっていますが、医療環境整備の一環として電子カルテを導入しました。電子カルテを活用して情報を共有することで、安全で質の高い医療の提供を行いたいと考えています。

今後も「真心」「信頼」「努力」を基本理念として、地域から愛され信頼される病院を合言葉に全職員が一丸となって良い医療の実現に努める所存です。当院へのご意見・ご支援をお願い申し上げます。

続きを読む
理念
心の医療と介護
「真心」「信頼」「努力」
基本方針
  • 患者さんを中心とした
    医療の提供
  • 安心と納得のできる
    医療の提供
  • 地域に密着した
    医療の提供
行動指針
  • 全職員の連携による
    チーム医療の実践
  • 医療知識・技術の習得と
    自己啓発の継続
  • 医療者としての自覚と誇りを持って地域社会に貢献

沿革

1982年(昭和57年) 9月 武蔵嵐山病院開院 内科、病床数55床。
1987年(昭和62年) 1月 増改築工事後、病床数107床。(一般病床55床、特例許可病床52床)
1992年(平成4年) 4月 人工透析開始。(人工透析機6台)
1992年(平成4年) 12月 医療法人蒼龍会を設立。
1995年(平成7年) 4月 増改築工事後、病床数150床。(一般病床92床、介護力強化病床58床)
リハビリテーション科開設
1999年(平成11年) 4月 嵐山町在宅介護支援センター「おおむらさき」開設。
1999年(平成11年) 5月 増改築工事後、病床数157床。
(一般病床37床、療養型病床群120床)
1999年(平成11年) 6月 デイケア(通所リハビリテーション)を開設。
1999年(平成11年) 9月 訪問看護ステーション「おおむらさき」開設。
2000年(平成12年) 4月 介護保険の創設に伴い、サービス提供事業者の指定を受ける。
居宅介護支援事業所「おおむらさき嵐山」を開設。
2001年(平成13年) 4月 寄居本町クリニックを大里郡寄居町に開設。
2003年(平成15年) 3月 療養環境整備のための増改築工事。療養病棟は完全型。
2003年(平成15年) 7月 東松山メディカルクリニックを東松山市に開設。
2005年(平成17年) 12月 財団法人日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定を受ける。
2006年(平成18年) 7月 越生メディカルクリニックを入間郡越生町に開設。
2007年(平成19年) 9月 回復期リハビリテーション病棟22床届出。
(一般37床・医療療養60床・回復期リハ22床・介護療養38床)
2007年(平成19年) 11月 日本透析医学会より埼玉医科大学病院教育関連施設として認定を受ける。
2008年(平成20年) 1月 回復期リハビリテーション病棟38床を増床届出。
(一般37床・医療療養60床・回復期リハ60床)
2009年(平成21年) 12月 若葉内科クリニックを鶴ヶ島市上広谷に開設。
2011年(平成23年) 4月 財団法人日本医療機能評価機構より病院機能評価の更新認定を受ける。
2015年(平成27年) 9月 一般病棟39床・回復期リハビリテーション病棟58床届出。
(一般39床・医療療養60床・回復期リハ58床)
2016年(平成28年) 5月 財団法人日本医療機能評価機構より病院機能の更新認定を受ける。
2018年(平成30年) 11月 武蔵嵐山病院を東松山市に移転。
一般病棟43床(内、地域包括病床10床)、療養病棟58床。
回復期リハビリテーション病棟56床。
訪問看護ステーション「おおむらさき」、居宅介護支援事業所「おおむらさき嵐山」を併せて移転。