がんリスク検査

新しい検査方法 アミノインデックス

採血検査でがんのリスクがわかります。新しいアプローチでがんのリスクをチェックします

アミノインデックスとは何ですか?

アミノインデツクスとは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。現在は、がんであるリスク(可能性)を評価する「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」検査が可能となりました。

新しい検査方法 アミノインデックス

検査の対象者について

検査の対象者は下記の年齢の日本人(妊娠されている方を除く)方を対象として開発された検査です。
これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

対象がん 対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん 25歳~90歳
前立せんがん 40歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳

よくあるご質問

AICSは全てのがんについてのリスクが評価できるのですか?

現在は胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)、膵臓がんを対象としたリスクについて評価することができます

男性AICS{5種 } 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性AICS{7種 } 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん

がんであるリスクとはどのようなことですか?

リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません、AICSは、それぞれのがんについて、がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告いたします。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高まります。また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0
がんであるリスク ランクAからCに向かって高くなる画像

検査はどのようにおこなわれるのでしょうか?

血液を5mL程度採血して検査を行います。1回の採血で男性AICSは4種類、女性AICSは5種類または2種類のがんに対するリスクについて検査を行います。

注意事項とご案内

  • ※この検査費用は、電話にてご相談ください。(健康保険は適用されません。)
  • ※検査結果及び判定には2週間程度のお時間がかかります。予めご了承下さい。
  • ※お支払いは、以下の提携するカードもご利用いただけます。
  • JCB
  • VISA
  • Master Card
  • DC
  • UFJ
  • Nicos
  • MUFG